九州産の青汁とは

  • 九州産
前へ
次へ

九州産の青汁とは

中には、どういうわけか「青汁と言えば九州!」と考えている方がいらっしゃいます。
実は、そこにはある理由があるのです。
かつて青汁は九州だけで飲まれていたこともあると聞きます。

青汁は、今は私たちの暮らしにとても身近で手軽なものになっています。
ご家庭があり、家族の健康と幸せを考えているお母さんたちだけが購入するものではなく、独身の方も健康維持の為に続けている方が少なくありません。
健康に嬉しい成分や栄養素がたっぷりと含まれているのに、一杯あたりの価格も100円~くらいととてもリーズナブル。
そこもまた、人気の理由なのかもしれません。
それにそのまま飲むだけでなく、お料理やお菓子作りなどに活かせるところもメリット。
このように、便利な理由がたくさんあります。

青汁は、1000年前には既に日本に存在していたと言われています。
その後長い年月を経て、戦争時代、終戦後に再び注目されるようになりました。
体調不良の人が、青汁を飲むことで体調を戻したなどの話しが聞かれるようになったからです。
しかし、当時は九州地域でしかあまり目にすることはなかったと言われます。
今では、地域を問わずいつでもどこでもすぐに購入できるようになっています。

そんな九州で育てられた材料を使って作られている青汁もあります。
九州はご存知のように、とても穏やかで温かい地域です。
野菜を育てていくには非常に適している良い場所。
そんな環境で作られた野菜を使って作られるので、それが味にも栄養にも現れています。
同じ野菜であっても、育てられる環境によって違いがあるもの。
九州で育てられた野菜は安全です。
青汁の産地まで気にしたことのなかった方も是非一度飲んでみてください。

青汁で手軽に野菜不足を補い、健康で美しい人を目指すことができます。
選ぶ時は、青汁の原料や産地についてもチェックしてみましょう。
産地にこだわって選んでみるのも良いでしょう。
良い畑と天候の中育てられた野菜は、栄養も豊富で安心です。

ページのトップへ戻る