青汁の原料ってなにがある?

  • 九州産
前へ
次へ

青汁の原料ってなにがある?

青汁は健康づくりをしたい方にも、今よりもっと綺麗になりたい方にも、是非お勧めしたい健康商品。
そんな話しをよく耳にしますが、その理由はどこから来ているのでしょうか。
皆さんから注目されている理由を、青汁の原料ごとにスポットを当てて紹介します。

青汁には、数多くの栄養素が含まれています。
使われる材料によってもそれぞれ異なってくるのですが、ほとんどのものにビタミンやカリウム、食物繊維など豊富に入っており、普段不足しがちな栄養素を手軽に取り入れることができる存在となっています。

「ケール」は青汁によく用いられる野菜ですが、発ガン物質を抑えてくれる働きが期待できるほか、血糖値の上昇を穏やかにする働きなどが期待できます。
また、睡眠不足に困っている方に効果的な睡眠ホルモンも豊富に含まれています。

また「大麦若葉」には、活性酸素を防ぐ働きも期待できるSOD酵素が含まれています。
食物繊維が多いのも特徴なので、普段から便秘気味だと悩んでいる人に大麦若葉の青汁はオススメです。

「明日葉」もよく使われる食材ですが、明日葉には強力な抗菌作用があると言われています。
また血液をサラサラにしてくる働きもあり、血栓を防いでくれるといった良さも期待できます。
ビタミンCも豊富で、日ごろ肌荒れなどに困っている女性にも美容効果が期待できるでしょう。

草団子にも使われる「よもぎ」は、青汁の材料としても万能です。
以前までは漢方薬の原料として使われていただけではなく、疲労回復に効果のあるお灸の素としても使用されていました。
青汁として摂取する際には、ビタミンAをはじめ、鉄分やカルシウムなどの栄養素を効率良く摂取できるメリットがあります。

青汁は複数の野菜が使われている事が多く、飲み口などもそれぞれ違います。
ケールを減らして苦味を抑えたい人、より栄養を摂取するため大麦若葉を多くする人など、用途に合わせて選ぶのもよいでしょう。
また、通販などで購入する際は、サイト内に書かれている情報を元に、原料として何が使われているのかをチェックしてから選ぶと良いでしょう。
青汁人気ランキングや口コミも参考になりますよ。

ページのトップへ戻る