「青汁」の名前の由来とは

  • 九州産
前へ
次へ

「青汁」の名前の由来とは

青汁はグリーン系の色を持ち、今や誰もが聞いたことがあるであろう有名なネーミングを持った飲み物です。
でもちょっと待ってください。
どうして緑色をしているのに、「青汁」と呼ばれているのでしょうか。
今回は今では当たり前のように呼ばれている、青汁の名前の由来について調べてみました。

日本における青汁の歴史をさかのぼってみると、この名前が付いた理由が分かります。
かつて日本が奈良時代だった頃、語彙は今よりもずっと少なかったそうです。
色の名前もごくわずかで、ほとんどの人が見た目だけで判断していた時代といえます。
色の名前は、驚くことにたった4つしか存在していなかったのだそうです。

もちろん、色の数はたくさんあったのです。
ですが、それを表現する名前がないため、第三者に伝える時、非常に困ってしまいます。
当時あったのは、「黒色」、「白色」、「赤色」、「青色」だけだと聞きますからびっくりです。
その為、この4つの中でどれが一番近いかによって色が分けられていたのだそう。
今でいう「緑色」は当時ありませんでしたから、野菜類もみな「青色」として扱われていたのです。

そんな理由もあって、緑色だけど青物である野菜を使って作られる青汁は、緑汁ではなく青汁なのです。
今は、繊細な色まで表す名前があって、相手により伝わりやすくなっています。
青についても、「青緑」、「緑青」、「群青色」、「紺色」など様々。
ですが、青汁はこの先もきっと青い色として認識されて行くのでしょう。
なぜなら、もうとっくにその名前で広く認識されているからです。

青汁に含まれるものは、ケールにゴーヤ、明日葉、桑の葉、ヨモギなど、緑色の食材がたくさんあります。
そんな緑色の植物たちの成分を飲みやすくしてくれた、現代の青汁。
体の中から、じんわりと健康を目指せます。
世の中には色々なモノが存在していて、それぞれに何らかの名称がついています。
普段私たちは、それについてあまり深く考えないでいるかもしれませんが、よくよく調べてみると面白いことが分かったりしますね。

ページのトップへ戻る