青汁の成分を知ろう

  • 九州産
前へ
次へ

青汁の成分を知ろう

健康に気を付けて青汁を取り入れている方もたくさんいらっしゃいます。
どうして青汁は人気があるのでしょうか。
子供からご年配の方まで、賢く緑葉野菜を摂りたい方に青汁がお勧めです。

日本人は、慢性的な野菜不足だと言われています。
一日に必要な野菜の量は成人が一日350g以上。
その内、120gは緑黄色野菜を取るのが目標となっています。
ところが、この目標量を毎日達成できている方はそれほど多くはないようです。
そんな時、手軽で便利な青汁を上手に取り入れて野菜不足を補う方法もあるのです。

青汁は、緑葉野菜を搾って作られたものです。
多くのメーカーから販売されているのですが、それぞれ使っている材料や味、風味、価格などに特徴があります。
例えば、ケールを使って作られているもの、大麦若葉を使っているもの、明日葉を用いているものなど色々です。
他にも、小松菜やヨモギ、桑の葉など体に良いとされるものをたっぷりと使って作られています。
成分を見てみると、こちらもそれぞれの製品によっても違いがあるのですが、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンCをはじめ、カリウムやリンなども含まれています。
また、食物繊維もたっぷりと含まれています。

ビタミンAは、目の健康にも必要な栄養素。
またカリウムは、血圧を正常に導いてくれる働きがある他、筋肉を調整したり、心臓機能を調整するなどの働きも期待できます。
もしカリウムが足りなくなってしまうと、不整脈をもたらしたり、イライラしたりうつうつとするなど、色々な不調を感じる可能性が出てきます。
食物繊維が不足すると、便秘しやすくなるとも言われています。
青汁で、体に必要な栄養素と食物繊維を手軽に摂ることができます。

野菜不足は、健康にも美容にもダメージを与えます。
青汁でみんなで健康的で美容に良い生活習慣を始めてみてはいかがでしょうか。
ビタミン、ミネラルをしっかり摂って明るく綺麗に生きたいものです。

こちら↓は人気青汁ランキングです。

ページのトップへ戻る